YOBUNOさんの伝説のセミナー 「10年後も通用するリストマーケティング」
5cf7933e0376c6527e5e1e5a

YOBUNOさんの伝説のセミナー 「10年後も通用するリストマーケティング」

¥19,800 税込

※こちらはダウンロード商品です

yobuno01.pdf

35.1KB

■“伝説”と呼ばれるセミナー「10年後も通用するリストマーケティング」とは? 「10年後も通用するリストマーケティング」とは、2017年9月27日に大阪で開催された「YOBUNO×梅田セミナー」のYOBUNOさんのパートです。 参加費5万円の高額ではありましたが、募集を始めたらすぐに定員が埋まり翌日には募集が終了するほど大人気のセミナーのYOBUNOさんの担当部分を19,800円にて提供させていただきます。 ■商品概要 ・YOBUNOさんの伝説セミナー 「10年後も通用するリストマーケティング」 ・収録時間(音声)1:11:28 &専用サイトにて要点解説 (音声内容) ・リストとは何か? ・マーケティングとは何か? ・リストマーケティングとは何か? ・商売の本質とは何か? ・商売のコツとは何か? ・商売の奥儀とは何か? ・呼野流のリストマーケティングとは ・セールス不要の仕組みづくりとは ・その他 ■こんな方におすすめ ・メルマガを運営されている全ての方 ・リストマーケティングを極めてみたい方 ・ご自身のビジネスが何であれ、そこにコミュニティビジネスの要素を取り入れる必要性を感じている方 ・コンサルビジネスを視野に入れている方 ■感想(マツイヒロキ) 2017年9月27日。この日まで秘密のベールに包まれた呼野真さんが、はじめてリアルの場に姿を現す記念すべきセミナーだったため、「呼野さんはどんな人物なのか?」「長年ネットビジネス業界を牽引してきた呼野さんはどんなセミナーをするのか?」と、有名な起業家さんらがこぞって参加し、後に”伝説”と呼ばれるようになります。 わたくしマツイヒロキも参加者として、“伝説の現場”に立ち会わせていただいた一人であり、それ以降もセミナー音声を3回聴き直しています。 聴くたびに毎回新しい発見がある不思議な音声です。 どんな発見があったのか? 一番分かりやすいのは、セミナーに参加していなかったら、「新発売商店街」も生まれていなかったということです。 驚きましたか? 正確に言うと、何らかの商店街は生まれていたかもしれませんが、少なくとも、みんなが同じ価値観でつながり合う商店街構想は生まれていなかったのです。 私が呼び掛け人となって始まった商店街構想(新発売商店街)は、ちょうどこのセミナーが開催された2017年の春ごろに着想を得ています。 具体的には、実況中継→舞台裏マーケティングの次に来る企画として、「商店街」というものを漠然とイメージしていたのです。 しかし、問題は、「どんな人と商店街を立ち上げたら良いか?」という一点でした。 そんなとき、呼野さんが人生初のセミナーを大阪で開催するというので、横須賀から4時間かけて参加してみたんですね。 元々呼野さんのことを経営者として尊敬していたし、20年間もリストマーケティングの第一人者として業界を牽引されてきた方ですし、そんな方が人生初のセミナーを開催するというだけで、私にとっては十分に参加の動機となりました。 また、私自身も10年間メルマガを運営してきたので、そのメルマガを強化するための具体策を何か一つでも盗んで帰れたらという気持ちが大きかったですね。 ところが、そんな私の目論見は、開始11分43秒の『ある言葉』によって脆くも崩れ去ります。 奇しくも、私が求めていた「どんな人と商店街を立ち上げたら良いか?」という問いに対する答えが全てその言葉の中に詰まっていたからです。 それが、呼野さんが考える「商売の奥儀」と、「呼野流のリストマーケティング」の中核をなす『ある言葉』です。 実は、その言葉自体は、とてもシンプルなものですが、だからこそ、強いコミュニティを構築する術を導きだすことが可能となります。 結局、リストビジネスもコミュニティビジネスである、ということです。 それだけではありません。さらにそこから、『セールス不要となるセールスの仕組みづくり』をも可能としてしまう方法論へと展開していきます(音声42分55秒~)。 ここは誰でも実践可能な具体的な手順を詳しく解説してくれているので、リストビジネス、コミュニティビジネスだけでなく、コンサルビジネスを視野に入れている方にとっても有益です。 いずれにしても、私個人にとっては、『ある言葉』(音声11分43秒~)を知っただけでも、5万円の参加費が恐ろしく安価に感じるほどの利益を得ることができました。 そして、それは今なお継続しています。 そんなセミナー音声を、1万円を大幅に切る8,000円代で提供させていただけるなんて・・・。 自分のお店の商品ながら、ちょっと複雑でもあります(笑) 毎日が新発売本舗 マツイヒロキ