毎日が新発売構想☆2月度説明会
5c5065b4e73a256fff4a0d82

2019/02/05 23:59 まで販売

毎日が新発売構想☆2月度説明会

¥0

※こちらはダウンロード商品です

dczoom201902.pdf

291KB

販売終了しました

◆毎日が新発売構想2月度説明会開催のお知らせ(オンライン中継) ※期日:2019年2月9日(土)午後4時から5時30分まで ※注意:この説明会はZOOMを活用したオンライン中継で開催します。ZOOMはこちら https://zoom.us/ ーーーーーーーーーーーーーーーー 開催趣旨 毎日が新発売本舗が提供するZOOM生中継説明会に興味をお持ちいただきまことにありがとうございます。 マツイヒロキが運営する毎日が新発売本舗なるお店をご覧になったあなたは、もしかしたら次のような感想をお持ちになっているのかもしれません。 「いったいマツイヒロキとは何者なんだ?」 「毎日デジタルコンテンツを新発売させて、それにどんな意味があるのだ?」 「コストゼロで作れるデジタルコンテンツを毎日新発売させるなんて、どこまでエゲツなく儲けようとしていやがるんだ?」 「新手の手法で情弱やノウハウコレクターの心を惑わすとんでもない奴だ」 はい。もし、あなたがマツイヒロキという人間に上記のようなネガティブな印象をお持ちだとしても、そのこと自体についてはまったく反論する気持など微塵もありません。 逆に、私以外の誰かがこの手の珍奇な店舗を運営していたとしたら、私自身も人一倍の警戒心をもって注意深く観察することでしょう。 ですが、これは私が構想した壮大な企画のごく初期段階の小さな現象に過ぎないことは、私自身が一番よく理解しています。 たしかに、今あなたの目の前に映る現象としては、毎日毎日繰り返し、有料・無料問わずさまざまなデジタルコンテンツが登場し、モノによってはなかなか良い値段で陳列されている。外形上そんな様子のみが映し出されていることでしょう。 そう、外形上は・・・。ですが、私の本当の狙いはそんな所にはありません。 私が「毎日が新発売本舗」を通して本当に伝えたいことは、未だそのほとんどの重要事項を表に出してはいないのです。 たしかに、スポット的にはブログなどで少しずつ理念のようなものを語り始めてはおります。 ※例えばこの記事など → http://g-marketing.jp/l/u/dailycontentsrin もちろん、この記事で述べていることは、私の正直な気持ちを表したものですが、「その先」にある私の構想について、その全貌をお話しする所までには至っておりません。 なぜ、すべてを語らないのか? それは、私の構想を着実に実現させたいからです。 ただ単に私自身が独りでお金を儲けるだけなら、こんな面倒なことはせず、どんどん毎日情弱さん・・・ですか?とにかく、ノウハウが大好きな人が喉から手が出るほど欲しがるようなコンテンツを毎日売りに出せば良いだけの話で、事実、私はそうした需要に応えることも不得意ではありません。 ですが、そうしたことだけでは、(お金は儲かりますが)今の私には退屈でしかたがないのです。 もちろん、仕事というものには退屈さも付き物ですし、自分の限られた能力を需要のある方向へ活用していくのも大切な視点でしょうし、情弱(?)さん・・・はともかく、そうでない人に需要のあるネタは、私個人のお店の中だけで応じてまいりたいと思います。 しかし、私がここ(毎日が新発売構想全体)で本当に手掛けたいのは、そうしたことではありません。 本気で、その人その人の中に眠れる才能を「毎日が新発売方式」と私が名付ける方法論で開花させたいと考えています。 いや、「開花させる」などというのはおこがましいですね。私が実際に手掛けていることを全部・・・、いま目の前にご覧になれる表面的な店舗としてのカタチだけでなく、その裏側で粛々と進めている工程をご覧になれば・・・・。 誰しも勝手にご自身の可能性にお気づきいただけると確信しているのです。 そうしたら、「その可能性」を表現してみたくてたまらなくなると思うんです。 私は、「毎日が新発売方式」なるものの表も裏も駆使して、その「可能性」を確かなものにしていただけるよう微力ながらお手伝いをさせていただきたいと考えています。 では、具体的にどうするのか?まさに今回の説明会は、そのことを包み隠さずお話しするための機会として設営するものです。 でもなぜ、そのような機会提供の場を「説明会」という形でクローズドにするのか?ブログやツイッターですべて公開してしまえば良いのではないか? そんなふうに考える方もおられることでしょう。 その理由は、先ほども述べたように、この構想を着実に実現したいからです。 自分で言うのもなんですが、この構想はとてつもない可能性を秘めているものと確信しています。 これまでに数多くの企画やプロジェクトで運よく成果を収めることが出来た私にして、「この構想」を思いついてしまったときには、しばらく身震いが止まらなくなってしまう程度にかつてのプロジェクトとは一線を画す「次元の違い」を感じざるを得ませんでした。 だから、ある所まではオープンにしますが、重要な部分は、本当に興味のある方にだけお話ししたいのです。 もちろん、この記事でオープンに話していることも事実でありますが、http://g-marketing.jp/l/u/dailycontentsrin ここから広がる可能性については、ともすると、私たちとは価値観の合わない方、まったく理念のかみ合わない方に「新発売方式もどき」をでっち上げられかねない。そんな危惧すら感じているのです。 つまり、見る人によって、使う人によっては、それくらいの破壊力を持っている構想なんだ、ということだけはお伝えしておきたいと思います。 さて、そんなわけでありまして、少し重たそうな(?笑)表現もしてしまいましたが、ZOOM生中継の説明会自体はぜひリラックスした気持ちで臨んでください。 別にそこで高額な商品やサービスをオファーすることもないし(笑)、あなたが私の構想に乗るも乗らぬも自由ですからどうぞお気軽にお越しください。 ですが、これだけはお願いしておきます。 デジタルコンテンツを毎日新発売させている私のお店をご覧になって、もし、あなたが毎日新発売するとしたら、果たして「何」を選択したら楽しいと思えるか、あるいはずっと続けられそうか? 少なくとも、ご自身なりのイメージをもって説明会に臨んで欲しいんです。 それが何であれ、デジタルコンテンツでなくてもいいし、リアルに流通している実物商品、食材なんかでもいい。 また、少なくとも今度の説明会では、「どんなモノを毎日新発売すべきか?」という観点からのアドバイスは一切いたしません。 なぜなら、本当に何だって良いからです。「毎日が新発売方式」に馴染まないネタは一つもありません。 ぜひ、この点よろしくお願いします。 最後に、私はこの説明会を通して、毎日が新発売構想を一緒に担っていただける素晴らしいメンバーを見つけ出したいと本気で思っていることをお伝えしないわけにはいきません。 説明会では、時間の許す限りご質問にも応じますので、ぜひともこの機会を積極的にご活用ください。 ※なお、開催日の3日前になりましたら、ZOOMの生中継にお入りいただく方法などを別途詳しくお知らせします。よろしくお願いします。 毎日が新発売本舗 マツイヒロキ